英語学習コンサルタントLILABO(リラボ)のブログです。
勉強はできるのに英語だけができない、英語はフィーリングじゃなくて理解して進みたいと思うTOEIC400~800点くらいの方が絶対に知っておくべき英語情報をブログにしています。
リラボ ~理系脳のための英語学習~ https://www.lilabo.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TOEIC500点の会社員が800点を突破するのに必要なのは実は○○だった!

 

ビジネスマンに英語の試験といえば何か、と聞けば多くの人がTOEICと答えるでしょう。

TOEICはビジネスマンにとって英検よりも権威のある英語の試験であり、年間を通じて270万人も受けています。

英検は年間360万人も受験をしていますが、大学生以上の受験者は45万人です。
ほぼ高校生以下の生徒たちがメインという感じですね。

やっぱり英語の試験と言えばTOEIC。

たくさん英語の試験はあれどTOEICのブッチギリ1位感はここ数年では変わらないでしょう。
※英語の試験について詳しくは過去のブログをどうぞ。

このTOEICは990点満点で平均点は550~600くらいです。

すると600くらいなら行けそうじゃない?
とけっこう思いがちですが、英検とは違って高校生以下が受けることが少ないので平均点にたどり着くまでも思いのほかきつかったりします。

偏差値60を超えるMARCH(明治・青山学院・立教・中央・法政)の英語系学部の学生がTOEIC向けに1カ月ガッチリ勉強して平均点くらい、なんて言われることがあります。

あんまりピンときませんか?

最近は英検やTOEICの換算表に使われるCEFRというのがありまして、それによるとTOEIC550~600点というとギリギリ英検2級受かるくらいになってます。
※CEFRについては過去のブログをどうぞ。

これでもピンとこないですか?

まぁ何が言いたいかというと600点ってそんなにカンタンではないということです。

ちなみに私がはじめてTOEICを受けたのがオーストラリア・ヨーロッパの放浪から帰って来てからなのですが、600点くらいでした。

というわけで!

600点から900点にどうやってなれるのか、絶対に挫折しないTOEIC勉強法をご紹介していこうと思います。

『初TOEICでも挫折しないTOEICリスニングの攻略』

TOEICのリスニングって難しいってイメージがありますか?

TOEICはリスニングだけで45分間あります。

45分もリスニングするの!?!?!

って冗談だと思いたいのですが、本当にそんなに長くしてきます。

でも45分間聞きっぱなしなのではなくてリスニングは4つのパートに分かれています。

短い文(10秒以下)から長い文(1分程度)、2~3人の対話形式から1人のアナウンスまで幅広いシチュエーションで合計100問出されます。

100問もあって、範囲も幅広いとなると普通はどこから手をつけていいのか分からなくなってきてしまいます。

というか、そもそも自分がリスニングができない原因は普通は分からないものなので対策なんて立てようがないですよね。

でもTOEIC500点、つまりリスニングでは250~300点くらいの人は実はここだけやればリスニングパートを400点(8割)は取れるというパートがあるんです。

こんな風にこのパートの対策が一番重要ってあまり聞かれないですよね。

『英会話でよく聞かれるトレーニング方法は決まっているのであとは○○をやればいい!』

一方、リスニングのトレーニング方法はほぼ決まっていて、100冊以上英語学習法の本を読み、多くの英語教師に聞いても返ってくる答えは似通っています。

そのリスニングのトレーニングとは「シャドーイング」「オーバーラッピング」「ディクテーション」の3つで、現在のリスニング対策のダントツトップ3です。

私も英語のリスニングが苦手でいろんな対策本を読んではこれら3つのトレーニング方法を試してきました。

でも方法論は分かっても実際どの教材を使って、何を目的にして、どうなればいいのかが分からなかったので続けられませんでした。

だってリスニングができるようになりたいっていう漠然とした思いはあれど、自分が何ができるようになればリスニングができるようになるのかって分からなかったんですから。

しかもどの英文で練習すればいいのか分からないので、とりあえずシャドーイングします、分かんないけどディクテーションやります、という感じで続けては成長実感がなく辞めてしまっていました。

要は闇雲に全部練習するのではなくキーとなるパートを重点的に目標を明確にして練習した方がいいということです。

世間ではシャドーイングをしようとか、音読が大切だとか聞き流すだけで英語が理解できるとか、いろいろ言いたい放題言ってますよね。

繰り返しになりますが、私もシャドーイングはもちろんディクテーションもやりました!
英語の本もたくさん読みましたし、音声学も独学で試してきました。
発音ができないから聞き取れないのだと思って発音の教室にも通いました。

でも時間も労力もかけたにも関わらず、点数は大きく変わりませんでした。

目についた英文をなんとなくトレーニング教材として使っていたからですね。

そこで、これだけやれば大丈夫!というパートをお伝えします!

正確にはここを中心にやれば大丈夫!というパートですね。

それは・・・

また次回(笑)

引っ張ってごめんなさい。

 

もっとリスニングについて知りたい方、リスニングの練習で細かいところが分からない方への無料カウンセリングがあります。
ご興味がある方は以下のURLから「無料カウンセリングに興味あり」とコメント下さい。

LINEの場合: https://line.me/R/ti/p/%40qhd3770i

フェイスブックの場合: https://m.me/lilabo.co

またはLINEやフェイスブックの検索で「lilabo」または「リラボ」と検索してご連絡いただくこともできます!

LILABOは「中野」―「新宿」―「渋谷」でサービスを行っています。
この3駅内であればどこでも無料で伺います。

東京都内は難しいという方にはZOOMでの無料オンラインカウンセリングを実施しています。
お待ちしております!

リラボ 大島
リラボについてはこちら
https://www.lilabo.jp/