資金ゼロ、知識ゼロ、経験ゼロでも始められる留学よりも濃い海外体験ワーキングホリデー

 

留学をしたいと思ってもお金もかかるし準備に時間もかかりそうです。でも安心してください!ワーキングホリデーならすぐにあなたの夢が叶います。私も大学を卒業してすぐにワーキングホリデーでオーストラリアに1年間いました。なんだか過酷そうなワーキングホリデーも実はたくさん裏技があります。

ワーキングホリデーについて少し調べてみると、留学で有名なEFさんはコンサルタントが出発までの計画を立てて安心安全なワーキングホリデーを提案しています。予算は50万円~200万円が必要だと書いてあります。しかし私はワーキングホリデーのために準備した期間は1カ月、資金はゼロ円でした

※ゼロ円ではさすがに何もできないので家具を全部売りました。当時集めていたレコードも冷蔵庫もテレビも何もかも売って20万円、そのうち10万円は飛行機のチケットに消えました。

ワーキングホリデーでの英会話はどうすればいいの?

EFさんなどワーキングホリデーのサポートをしてくれる業者は当時からたくさんありましたが、まずは一人で何でもやっちゃうのがワーキングホリデーの醍醐味です。※決してEFさんを否定しているわけではありません。裏技を使ってワーキングホリデーを楽しむやり方もあります

まず海外に行って困るのは英語でしょう。何をしたらいいのか分からない、EFさんの言う通りちゃんと準備をしておけば良かったのか。はい、安心してください。もちろんEFさんのレッスンには敵いませんが、無料の語学学校があります。調べれば他にもありますが、教会の語学レッスンがおススメです。ほぼ毎日レッスンを行っています。それに教会に行けば毎日会話に付き合ってくれます。

ワーキングホリデーでの食費はどうすればいいの?

いや、語学は良いけどご飯はどうすればいいの?実はオーストラリアは日本よりも物価が高かったりします。やっぱりEFさんの言う通り事前の準備が必要で、言うことをきちんと聞いていればこんなことには。はい、安心してください。キリスト教の慈善団体の方々が毎日食事を配給しています。しかも非常に美味しいんです。余ったパンもいくらでももらえます。

ここで最大の注意ですが、慈善活動を悪用することを勧めているのでは決してありません。いざとなったらこういうセーフティーネットがあるから安心してワーキングホリデーに挑戦してもらいたいということです。もちろんお金があるならEFさんも語学学校も行った方がいいです。しかしサポートもたくさんあるので、まずは行ってサポートを受けて、もし罪悪感があるなら帰国後にキリスト教の方々のためになにか活動してください。団体は違うかもしれませんが僕は寄付をしました。

意外にワーキングホリデーに行けば仕事はあふれている

とはいえすぐに仕事は見つかります。日本人レストラン(通称ジャパレス)も都市部にはたくさんあります。でもせっかく海外にいるのなら日本人のいない環境で日本ではできない経験をしたいですよね。そこで私が実際に行ったお勧めの仕事が2つあります。農家でサクランボ取りもしましたがあまりお金にならなかったので本当にメリットがあるものだけ伝えます。

ワーキングホリデーで実際に体験したおススメの仕事

牛の解体工場です。いや、それは・・・と思う人、安心してください。何もずっとここで頑張れと言っているわけではありません。1カ月半だけ頑張ってみてください僕は1カ月半で100万円以上稼ぎました(当時のレートで)。たしかに一日中切り取られたペニスの洗浄をしている時は頭がおかしくなりそうでしたが、でもそんな仕事に就くのはレアで上司もワガママも聞いてくれます。

勤務日は自由です。時給は通常2000円で、残業を3時間以上した次の日はなんとダブルペイデイで時給4000円になりました。8時間働けば1日32000円です。

さらに良いことは日本人はほぼいないし、一緒に働くのはヨーロッパやアメリカ・カナダの旅行者たちが多く、一緒に暮らせるので語学の勉強にもなります

ワーキングホリデーで実際に体験したおススメの仕事

なかなか過酷な仕事はできない、という人たちは違うおススメの仕事があります。それはファームステイです。ファームステイとは農場に住み込みで働く代わりに食事も住居も提供してもらう仕組みです。

ファームステイの良い点はお金がまったく減らないことです。たしかにお金が増えることはありませんが、朝3時間、昼過ぎ2時間も働けば終わりなので勉強時間が確保できます。お金を減らすことがなく勉強時間が確保できる最高の環境を手に入れることができます。

もう一つ良い点は農家の家族と仲良くなって語学力が向上することです。一緒にご飯を食べて一緒に働くので自然と仲良くなります。だから英会話はし放題です。ずっと英語の環境にいるのはストレスですが、もし英語に少し自信がついてきたなら非常にいい環境です。ちなみに僕の場合は離れの個室を用意してもらったので悠々自適に過ごしていました。

ワーキングホリデーの注意点

ただしワーキングホリデーは語学力が伸びるのかどうかというのは自分次第になります。語学学校のように丁寧にケアをしてくれることはありません。よほど強いハートの持ち主以外は英語の準備をする方が無難であることは間違いありません

実際僕はオーストラリアでネイティブと会話もしましたが、一人で勉強もたくさんしました。一日中自習室にこもって英文法や英単語の暗記を基礎からやりました。リスニングの練習もCDでたくさん何度も聞きました。その勉強時間を日本で過ごしておけば、と非常に強く後悔しています。基礎がある状態でワーキングホリデーに行けばもっと語学力が伸びたと思います。本当に後悔です

結局日本にいる時にきちんと学習することが大切です。勉強せずにワーキングホリデーに行くことはできますが、後悔するのは先ほど話した通りです。リラボでは無料で『あなただけの課題が分かる英語力診断』を行っているのできちんと自分の英語力を確認して後悔しないワーキングホリデーを楽しんでほしいと思います。遠方の方はオンラインで、東京にお住まいの方は直接会って行います。ぜひ下のリンクからお問い合わせください。 

絶対に後悔しないワーキングホリデーを過ごしてほしいと思います!リラボ専属トレーナー プロテイン大島

 

【無料英語力診断について】
リラボの『たった60分であなただけの英語の課題が分かる無料カウンセリング』についてはこちら☆

—————————————————————————————–

おススメのプレイリスト
第0回「3か月でTOEIC200点アップのためにやるべき3つのこと」