TOEIC900点に必要な10000語を覚えるための科学的学習法!

英語を勉強していれば100人中100人、誰もが壁にぶつかるのが単語の暗記です。単語の暗記法については多くの方法がネットや書籍で言われています。一体どのくらい覚えなければいけないの?暗記法ってどんなものがあるの?そしてどれが正しいの?という疑問を一緒に考えていこうと思います。

単語の謎1:何語覚えなければいけないの?適切な単語量について

いきなり単語を覚えようとする前に目標の単語量を決めましょう。それがないと永遠に英単語に追われることになります。永遠って大げさな表現だと思いますか?実はそんなに大げさではありません。なぜなら英語ネイティブが使う英単語量は(研究によって差はありますが)35,000語~50,000語だからです。英単語100個を覚えるのも大変ですが、50,000語は人生かけても不可能です。

むやみに単語を覚えるのではなく、自分の目的に合った単語量を目指しましょう。英語関連本を何十冊も読んで一覧にしてみましたので確認してみてください。
※単語数にはaやisなども含まれているので、まったく勉強していなくても-700語で考えてみましょう。

日本の中学卒業  1,200語
海外旅行     3,000語
日本の大学入学  5,000語
海外でビジネス  7,000語
海外の大学入学  8,000語
TOEIC900点    10,000語
英検1級     12,000語
海外小説を読む  15,000語
映画を理解する  18,000語
英字新聞を読む  20,000語

という感じです。まずは自分の目標をする活動から考えて、単語を覚える量を決めましょう。もし具体的に分からない場合、リラボでは「あなただけの課題が分かる無料カウンセリング」を行っているので、単語についてお困りの方はご質問をお待ちしております。

単語の謎2:どんな覚え方があるの?単語の暗記方法の種類について

単語の覚え方はたくさんあります。よく聞かれるのが「ノートに書く」とか「音読する」といったところでしょう。実はこの2つのうち多くの専門家が否定する覚え方があります。それは「書いて覚える」です書くことを勧めている専門家は私の知る限りいません。理由は、書くと時間がかかる割に手だけ動かして頭に入らないからです。
というわけでこの他にどうやって覚えることを勧めているのか、こちらも一覧にしてみました。

・派生語とともに覚える暗記法

内容:1つの単語の関連語や派生語も含めて覚える。
利点:単語のネットワークができるので覚えやすく忘れにくい。
欠点:初級・中級者には負荷が高いので挫折しやすい。

・英文の中で覚える暗記法

内容:英文の中で知らない英単語を覚える。
利点:文脈があるので実践的な使い方が身につく。
欠点:英文の中の単語なので繰り返しづらい。

・一つの単語に一つの訳で覚える暗記法

内容:単語一つに対して意味も一つだけシンプルに覚える
利点:大量に高速に反復できる。
欠点:日本語訳だけ覚えて実際の使い方が分かりにくい。

・英語と日本語交互に口に出して覚える暗記法

内容:何度も英単語を口に出して覚える暗記法
利点:訳と同時に、発音とアクセントも覚えられる
欠点:覚えた気になってしまって暗記しているか分からない

・体を動かしながら覚える暗記法

内容:単語を覚えるとき、例えばapologizeを実際に頭を下げながら覚える
利点:情景をイメージしながら覚えることができる。
欠点:表現できない単語が多いし、数もこなせない。

他の覚え方はあまり見られません。例えばアプリや単語カードを使って覚えるといった暗記方法がありますが、それは手段ですので上の暗記法をアプリで行うという感じです。

単語の謎3:どれが正しい覚え方なの?単語の正しい暗記方法について

正しい暗記方法について、これが一番というのは学習者の状況や目的によって異なってきます。しかし、多くの単語暗記方法に3つの共通点がありました。これも一覧にしてみます。

『暗記するタイミングは忘れてからが大切(エビングハウスの忘却曲線)』

エビングハウスの忘却曲線については以前もブログに書きましたし、検索すれば出てくるので省略しますが、要は単語をやるタイミングが大切だ、ということです。忘れる前に繰り返しても効果が少なく、完全に忘れ去った後にやっても非効率です。ただしエビングハウスの忘却曲線を勧めている書籍が多いですが、実はタイミングは様々です。

有名英語YoutuberのAtsu英語さん、メンタリストのDaiGoさん、スタディサプリの関先生、などなど様々な方がエビングハウスの忘却曲線について話していますが、具体的なタイミングについてはズレがあります。単語を覚えてから再び繰り返す目安のタイミングは1日後~7日後です。この期間以内に繰り返しましょう。

『素早く大量に繰り返すことが大切』

素早く大量に繰り返す方法は、先ほどのAtsu英語さん、DaiGoさん、関先生もそうですし、やってはいけない勉強法の石井貴志さん、TOEIC単語で有名な金フレのTEX加藤さんも言ってます。とりあえず多くの人が言っているということです。

ポイントは2つで「完璧主義にならない」、「1~30秒以内で思い出す」(0.1秒という人もいます)。とにかくスピードと量をこなしましょう。やはり書く覚え方はダメですね。

『何度も何度も繰り返すことが大切』

こちらもAtsu英語さん、DaiGoさん、関先生、他にも多数いらっしゃいますが、これは当たり前ですよね。でも注意してもらいたい点は繰り返す回数です。「何度も繰り返すことが大切だから単語帳を10周やろう!」と思っている方は回数が足りていません。多くの書籍では30~100回繰り返すことを勧めています。100回は大げさな表現ですが、最低30周を目指した方がいいと思います。

この3つをベースにしてオリジナル英単語暗記法を確立させていきましょう。ちなみにリラボのお勧め暗記法がありますが、それもブログに書いていますのでそちらをご確認下さい。

最後に:単語の確認はどうやるの?単語の定着方法について

単語の暗記方法を説明してきましたが、英単語は覚えた気になってしまうのが恐いところです。知ってるつもり、わかったつもり、覚えたつもり、はよく聞く話です。本当のところはどうなのか自分の状態を客観化する必要があります。お勧めは自分でテストを作ることです。テストをすればわかったつもりが分かります

ただ自分でテストを作る人はそうはいません。それに自分で作ってしまったら答えもわかってしまいます。単語テストがあってもあなたの課題にあった単語テストなのか、ただのランダムな単語テストなのか、きちんと目的を合わせる必要があります。そこでリラボでは『60分であなただけの課題が分かる無料カウンセリング』を行っています完全無料なのに、さらに3日間の学習サポートつきの無料カウンセリングにぜひお申込み下さい

こちらからのメッセージをお待ちしております!
『60分であなただけの課題が分かる無料カウンセリング』

無料カウンセリングについて

分かった気になっただけの単語学習を抜け出してきっちり単語を積み上げていきましょう!

リラボ 専属トレーナー大島