何度も英語に挫折してしまう人必見。最も強力な習慣定着法!

ある調査では、今年こそ英語を勉強しよう!と思っても挫折してしまう人が86%だと言われています。実は英語学習は挫折するのが当たり前という悲しい結果が出ているんです。しかし英語は続けなければ話せるようになりません。挫折を避けるために「周囲の人に宣言する」とか「ライバルを作る」とかいろいろ解決策があります。

今回はたくさんある学習の習慣定着法の中で、試してみて実際に効果があった特にお勧めな習慣定着法をお伝えしたいと思います。

挫折してしまう一番の原因は○○だった

最も効果のある方法を説明する前に挫折してしまう原因について考えてみましょう。挫折にはよく見られるパターンがあります。モチベーションが続かないから、後回しにしちゃうから、といった怠けること・・・ではなく、実は「自己嫌悪」が原因になることが多いんです。以下が英語学習の自己嫌悪ループです。

1st week「頑張ろう!計画を立てよう!」
2nd week「でも予定通りにできなかった。来週はもっと頑張って追いつこう」
3rd week「できなかった。なんで俺はこんなにだらしないんだ。来週はもっともっと頑張らなければ」
4th week「やること多すぎて無理。たぶん努力する才能も英語の才能もないんだ」

といって倍々にタスクが増えて、できない自分を責め続けて辞めてしまいます責任感がある人や管理職についている人に特に良く見られるパターンです。自己嫌悪が強いので冷静な分析もできません。

人は計画を甘く設計する傾向があることはメンタリストDaiGoさんも学習習慣本の中で説明しています。ある大学の調査によると、予想と現実には2倍以上も差が生まれることが分かりました。例えば自分が7日できると思った量は、実は14日かけても難しい量だったりします。

できなかった時のことを想定して別メニューを組む、またはそもそも計画を2分の1にするなど、工夫が必要になります。対策をしないと計画が進まず、自己嫌悪の挫折ループに入ってしまいます

学習習慣を定着させるために良いフックと悪いフックを見つけ出す

ここから本題になります。学習習慣を定着させるための最強の方法についてお話ししたいと思います。最強の習慣定着法はとてもシンプルです。自分の行動を記録することです。それも計画と実績の両方を記録します。計画と実績の両方を書くことで「なぜ計画通りに行かないのか」が分かります。

さらに記録をすることで客観的に自分の行動が見えるようになり、何がきっかけでサボってしまうのか、どんなタイミングで集中できているのかが分かります。悪いフックと良いフックが見えるようになります

例えば朝は計画通りに勉強できない傾向がある→朝に良いフックを作る必要がある→前日には机にテキストを開いておく、目覚ましが鳴ったらまずは机に向かうようにする、といった対策を立てることで朝学習できるようにします。

もし悪いフックが何か分かればどうすればそれを回避できるのか、悪いフックを遠ざける方法を具体的に(自己嫌悪で悩まず)検討できます。さらに良いフックを自然と触れさせるための施策も考えることができます。

自分を客観視することで学習習慣が定着する

学習結果を記録するだけではなく自分の行動を予め計画として書くことでより習慣が定着しやすくなります。計画を作ることで基準ができるのでそれに合わせて動くように考えられるようになるからです。何も計画がない状況であれば「なんとなくやろうと思っていたけど、始められない。今日は休みにしよう。」となってしまいます。

しかし計画を立てていれば、たとえ計画通りにできなかったとしても「なぜできなかったのか」「どうすればできるようになるのか」を考えることができます。計画通りにできた場合は「もっと効率よくできるようにするにはどうすればいいのか」と目標を超えることを目標にできます。

「計画を立てる、実績を記録する」は予実管理

ビジネスマンに必要なスキルの一つが予実管理です。予実管理とは、予算と実績を比較して、達成状況を管理することです。ビジネスマンに必要なスキルが英語学習でも必要になりますし、何よりも大切なスキルになります。英語ができるようになるのと同時にビジネスマンとして予実管理もできるようになります。

ただ初めからだれでもできるようになるわけではありません。リラボでは英語学習を通じて目標を達成するための予実管理も学べますが、それをサポートしているのが専属トレーナーの存在です。専属トレーナーとともに英語力+ビジネス力の向上を目指してみませんか?

リラボでは『あなただけの課題が分かる無料カウンセリング』を行っております。興味のある方はぜひリンクからご相談ください。遠方の方はオンラインで、東京にお住まいの方は直接会って行います。ぜひ下のリンクからお問い合わせください。

【無料カウンセリングについて】
リラボの『たった60分であなただけの英語の課題が分かる無料カウンセリング』についてはこちら☆

 

それではご連絡お待ちしております!

リラボ専属トレーナー 大島